気ままな生活

映画、音楽、読書、美術、旅行、食などの生活。

日本で一番悪い奴ら

「凶悪」のピエール兄貴の「ぶっこむぞ!!」で一躍有名になった白石監督の新作は、ウルフオブ北海道警察(このキャッチコピー気に入った)。

警察を舞台にセックス!ドラッグ!マネー!をやり切った青春ギャング映画。

 

暴力を不快なシーンとして撮るか、それともユニークを交えるかは監督次第ですが、僕は後者の方が余裕があって好きです。

前者の乾き。とかヒメアノ〜ルとかはどうもイマイチで、このジャンルならやはり子温と白石監督が頭一つ抜き出てる印象。

 

殴ったり殴られたりしてるだけで笑っちゃうってのはセンス要ると思うんですよやっぱり。

瀧のアドバイス後、いきなり豹変してぶっこみカマす綾野のスピード感に笑っちゃうし、そもそも瀧の一挙一動が前作を彷彿とさせて笑うし(第一何一つ警官に見えない)、獅童とタイマンでメンチ切らしながらお茶吹く綾野に笑ってしまうし。前半はとにかくテンポ良いコントのようで最高。パキスタン人のカタコトも卑怯すぎ。「イトコウル?」

 

中盤、悪たれ4人が集結すると青春モノとしての魅力も加速。すすきのだけに食事シーンもちょいちょい美味しそうなのが挟まれるんだけど、特にカニを炙るシーンが意味わからなくて最強。

 

ただ後半、綾野チームが凋落してくるとコント的描写にも余裕がなくなってきて、途端にテンポ悪く感じるのが惜しい。クズが落ちぶれていくのに哀愁を交える必要もないと思うのだけどな。でもこの手の映画を観ると大抵ウォールストリートと比較するのが多分良くなくて、あの映画の娯楽としてのバランス感覚が出来すぎてるんだろうな、、

 

街中や人物の描写が全然80年代じゃないどころか、方言も全く出てこない辺り現地の人が見てどう思うのかは謎だけど、総合的には和製スコセッシとして面白かったし、白石監督、まだまだ期待すべき監督だと思いました。

友だちの恋人

ウディ・アレンの多くの映画の元ネタのような、男女4人のオシャレな恋愛ゲーム。

 

要は彼氏彼女を取っ替えるというだけの話で深い内容もないが、緑の光線やポーリーヌと違い街中での話がメインであるため、街並みだけでもいちいちオシャレだ。ファッションや建物を観ているだけでも楽しい、80'仏のセンスを垣間見ることができる映画。

 

何も特殊な容姿や才能を持ってなくても、人は自分と似た感性の異性に惹かれあい恋に落ちることがあるんだよ、という内容。ちょっとキャリー・マリガンに似た内気気味なブランシュが可愛らしい。

海辺のポーリーヌ

「ほとりの朔子」の元ネタとなるバカンス映画で、登場人物たちや展開にも多くの類似点を見つけることができる。

 

美人で男を見る目がないヤリマン叔母と、キラキラした少女性を持つポーリーヌ、周りを取り囲むロクデナシの男たち。

しょうもない大人たちの恋愛模様を横目に、冷ややかな意見をぶつけたりしながらポーリーヌは大人になる。

 

ポーリーヌの健康的で美しい肉体と、光り輝く海とが美しいビジュアルの一作だ。そこに出てくる男たちはチマチマと小物だらけなのだが‥人間ってそんなものね、という彼女の呟きが聴こえてきそうな群像劇。

緑の光線

コミュ障でプライドが高いという現代のヲタクそのままのような女性・デルフィーヌを主人公とした、時々ある「独り身の映画ファンを殺しにくる映画」。マイク・リーの「家族の庭」みたいなやつ。

 

しかし家族といっしょに過ごす休暇なんて休暇じゃない!!なんて大の大人が泣き喚くとは、フランス人にとってバカンスとはいかに大事な概念かが計り知れる、、現代のフランスがどうかは知らないが。

 

海へ山へ舞台を変えつつ、どこに行っても独りなデルフィーヌは物悲しい。友人の家族やおっぱいリア充の食事シーンはいつでも美味しそうに見えず、居心地の悪さに耐えられずに彼女はとうとう泣き崩れてしまう。

 

理想やプライドが高そうに振る舞い孤高を演じていたのは、他人に拒絶されるのが恐くて一歩を踏み出せないから。自由が好きだなんて強がるけど、本当の孤独に打ち勝てる人間なんてほんの一握りだと思う。

 

だからこそあれだけ周囲に馴染めなかった彼女が弱さを吐露し、他人を信じてみせたからこそ、緑の光線を目にすることが出来たんだろう。希望を感じるラストも良い。

孤独と他人との繋がりというテーマはむしろ現代人にこそ必見の映画だった。

Voyage

f:id:freewalk:20160620004331j:image f:id:freewalk:20160620004341j:image f:id:freewalk:20160620004348j:image f:id:freewalk:20160620004356j:image

名鉄、成岩駅前にある喫茶店。

駅前の萎びた景色から店内に入るだけで世界が一変、一気に気分は北欧に。

 

白を基調としたインテリアは相当オシャレで、珈琲の味はそれ以上に美味しい。

名古屋でジムランコーヒーと同等の味を出せるのはココだけではないか‥

と思うほどにこだわりを感じられる。

ランチとかはなく珈琲専門なのもいい

 

店内もほどほどの広さで実に落ち着きがあり、遠いけど絶対にまた足を向けたいと思えるような場所。

 

ロシュフォールの恋人たち

午前10時の映画祭でやったり二階堂ふみが推したりしてたのでDVDで鑑賞。

 

音楽・美術ともに何一つ時代を感じさせない作りが素晴らしすぎ。てかやっぱりミシェル・ルグランただの神すぎる、、映画音楽家はこの人が一番好き。

ヌーヴェルヴァーグ時代のフランス映画は、カラー映像が解禁されて間もないからなのかとにかく原色多めで色彩のテンションがバリ高く、観てて多幸感と高揚感が凄い。

そんな音楽と色彩に囲まれながら、登場人物達が挙って生命を躍進させるために舞う、舞う、そのカメラワーク!こんなん無敵だ。

ただラストは、何のひねりもなく出会って踊って終わりでいいと思うんだけど。シェルブールと同じでドゥミ監督の趣味なのかね

 

ミュージカル映画の欠点として、歌って踊ってばかりいるもんだから話の進みが遅く、上映時間以上に体感は長く感じてしまう、、

のは単純に途中で飽きてしまうので、そもそも根本的にミュージカルが向いてないんだな。好きなジャンルではあるし本作も面白かったんだけど。

 

しかしドヌーヴ姉妹よりもカフェの店員・ジャネットの方が何倍も可愛くてそちらの方に目移りしがちなのはどうなんだ。

珈琲ぶりこ

f:id:freewalk:20160619004815j:image

大須商店街の丁度真ん中辺りにある、築70年の建物を改装した古民家カフェ。

、、、なのだが、大須はそもそも古い建物が多いのであまり目立たない

 

なので有名ながらはじめて入ったのだけど、内装も良かったし、季節のパフェが美味しかった!

・ココナッツとパッションフルーツシフォンケーキ

・桃とカルピスのレアチーズ

・自家製グラノーラ

・マンゴープリン

・青リンゴクリーム&レモンジュレ

・レモンとローズマリーの焼き菓子

・黒糖プレッツェル

が全部入っているらしい

 

個人的にはパフェは「甘すぎる」「変なカサ増しで量が多すぎる」のが他のスイーツと比べて苦手で、凝った食材で美味しいところだけ食べたい(我が儘!)

ここのパフェは味も量も見た目も良くてまた食べたい。