読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

気ままな生活

映画、音楽、読書、美術、旅行、食などの生活。

ローラーガールズ・ダイアリー

映画
まず、エレン・ペイジが最高にカワイイ。キチガイ役で反則なスーパー!を除けば文句なしにキャリア上最高の役どころだと思う。

そしてエレンの小さな身体が躍動するローラーゲームのスピード感が、そのまま映画として高揚感に繋がってるところが最高。
今観るとかなりカリフォルニア・ドールズ系譜にあることが分かる。男も女も熱中するしかないスポ根だ。
ストーリーは特に目新しいことはない青春モノでで、そのシンプルさが全部プラス面に繋がっている。

ただ観直すとありとあらゆることに対して嘘をつきまくるブリスが割と悪どく、人間の信頼関係に嘘がどれだけ大きなウェイトを占めるのか、最後まで彼女に教えてあげられる大人が周囲にいなかったことが残念だけど‥バンドマンとの決別が、ブリスが自分自身でその過ちに気付いたというシーケンスなのかもしれないが。

シンプルに面白い映画なのは間違いないので、老若男女問わず一度は観ていただきたい。