気ままな生活

映画、音楽、読書、美術、旅行、食などの生活。

覚王山の魅力

名古屋でも屈指のオシャレスポット、日本でも有数のカッコいい名称だと思っている「覚王山」、そこに立ち並ぶお店を浅い知識ながら羅列してみました


ZARAME NAGOYA‥
覚王山と言えばココ!
と言う佇まいだけど、実は本店は岡崎で支店も各所にある。
けど異常に覚王山に馴染んでて、こだわりまくったインテリアはオシャレで嫁もお気に入り。
ドーナツが高いけどかなり美味しい。平日でもランチは女子大生で混んでいる

ひらき‥
客層は全然違うけど、ここもランチで混んでいる洋食屋
オススメはナポリタン+カニクリームコロッケ(orヒレカツ)+白米と味噌汁のスパゲティ定食
ガッツリ!

えいこく屋‥
可もなく不可もなくと言ったインドカレー屋だけど、通常料金+¥180で神が創りし奇跡のパン・チーズナンが食べれる
何より流行ってなくてランチ時でも空いているのが◎
池下にはビンディという老舗のインドカレー屋があるのでそちらに客をとられていると思われる

覚王山アパート‥
トキワ荘のような見た目に中に入ると、ワークショプが所狭しと経営している
ノスタルジック&カオティックな空間
覚王山文化の総本山なので、ワークショプ好きでなくても一度は行っとくといいかも

シェ・シバタ‥
覚王山でも有名なケーキ屋だけど、入ったことない
fika.やピエールに比べると個性に欠ける印象
でも大人気

fika.‥
超人気な町のケーキ屋さん
平日でも夕方に行くとケーキ売り切れで営業終了している狂気の沙汰
イートインスペースも狭く、美味しいんだけど何よりレア感が先行してしまう

ピエール・プレシュウズ‥
椙山女学園を降りたところにあるので覚王山のメインストリームからは大分離れているけど、覚王山で一番愛しているケーキ屋
ガトー・ジャポネ美味すぎる


今回挙げた覚王山の魅力はほんの一部に過ぎないと思うので、是非是非深掘りしてください◎