読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

気ままな生活

映画、音楽、読書、美術、旅行、食などの生活。

ミスター・ノーバディ

映画
人類史上1番の傑作映画だと思ってます。
劇場公開5周年記念、この映画も震災の傷を癒してくれた一作です。
5年後にまた日本は震災の被害に見舞われているというのが皮肉ですが‥。

両親の離別に巻き込まれた9歳の少年が「選択」できないが故に「想像」し、「創造」されされた世界を2092年の宇宙大収縮に見立てて崩壊させ、すべての時間、選択が巻き戻りもう一度「選択」する場面に戻る、、
と言うのがこの映画の大筋ですがなんのこっちゃ。

人間生きてれば誰しもに訪れる「選択」の時、そして誰しもが思う、「選択」しなかった場合の人生はどうなっていたか‥
現実にはタイムリープパラレルワールドもないですが、「選択」しなかった先のすべての時間、可能性を信じる人のための時間。

「選択しなかった場合のすべての可能性は残る」という定義を踏まえて、自らの人生において、大事な「選択」を決断するための映画だと思っています。

ニモが最後に選んだ選択はアンナであり、ジュリー・デルピーは愛らしすぎるし、この物語はニモとアンナのラブストーリーでもあるのですが、個人的にはサラ・ポーリー演じるエリースの話でもあると思っています。
思い人ステファノを忘れられずニモと共になったその姿は、ジーンを選択した場合のニモの存在と対になっており、彼女もまた「選択」という輪廻に縛られた孤独な人間であるに違いありません。

どんな選択をしても結局、ニモと幸せな結末を迎えることはないエリース。宇宙大収縮ともされる少年の「選択」の後は、どんな人生を歩むのでしょうか‥

作中でサラ・ポーリーが他の役者とは格が違うほどの名演を見せつけている理由は、彼女監督作品「物語る私たち」で語られます。まさかの連作扱い?

水・瞳・色彩、すべてのカットすべての言葉に意味があり、何回観ても飽きさせない永遠の名作です。最初と最後のMr.Sandman両方で涙腺決壊。
惜しむらくは日本ではDVDのみリリースのこと、救いなのはDVDの中ではかなりの高画質であること、仕上げがヘタなBD並の画質はあります。

5年待ったことだし、北米のディレクターズカット版のBD買おうかなあ。英語字幕のみですが約20分の劇場未公開カットあり、しかも安い。