読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

気ままな生活

映画、音楽、読書、美術、旅行、食などの生活。

森、道、市場 2016

f:id:freewalk:20160516010100j:image
申し訳程度の写真


ずーっと気になる存在だったけど初見。
生で聴いてもやはり、松任谷由実に最も近い声質と歌い方をするボーカルだと思った
それゆえにただのアコースティックポップでなく、シティポップの素質を随所に感じたり。

曲は悪くはないが目立ちもしない、という音源通りの印象だったけど、やっぱり森道のステージは観やすい(人があんまりいないから)
観ている時間は短かったけど良いライブだった。


森道では2年ぶりに観たけど、ここまでラグーナに似合うアーティストもいないと思った。
観ていてハッピー感しかない!
無茶苦茶テクニカルなことやってんのにあの不動の安定感はなんなのだ。
風船膨らませる→コーラス→アコーディオン→トランペットと一曲の内に相変わらず酷使されるユミコ。マルチプレーヤーという肩書きだけでは足りんぞ‥

パラシュートやらないライブははじめて観たけど、代わりにLA LA RADIO。やっぱりトクマルの歌モノではこの曲が一番好きだ。多幸感だけではない切なさや寂しさ、背を向け合う人のあらゆる感情がその音に詰まっている。


蓮沼執太‥
弾き語り+ギターのミニライブ。
客からのリクエストによる選曲はYY、ZERO CONCERTO、ONE MAN
いや待て全部フィルかよ。確かに曲名と中身が結びつくのはどうしても歌モノのが比が多くなるけどさ

蓮沼の歌モノで一番好きなのはZERO CONCERTOなので、この日はLA LA RADIOと並べて聴くことができて幸せだ、、
因みに新譜のメロディーズとこの日公開していた新曲には全然ピンときません


ライブ観るの3回目ぐらいだけど今まででも一番良かったな。
それまでは「パリピしたけど終わった後大した印象に残らないバンド」筆頭だったけど、印象変わったな。音源も聴こう、、
最後の1個前の曲が一番カッコよかった(雑い感想)


森道3年目だけど、この日のCharaのステージ、3年間で一番良かった、それも断トツに!

CoccoYUKIと同じく歌姫としてのオーラ・貫禄・存在感がとんでもなく、彼女が現れた瞬間、それだけで特別なステージになる約束がされたようなもんでした。
彼女こそ、すべてのポップアイコンの始祖のような存在であるが故になおさら。

しかし彼女らのようなレジェンド歌姫達が、ステージに立ち、腕を上げたり振り回したりその一挙一動だけで、その一瞬一瞬が映画を観ているような感覚に陥るのはなぜなんだろう?

音楽とは瞬間瞬間の歴史を積み重ねるもので、そのキャリアが20年もあれば、聴き手がその曲に重ねる思いの量もまたひとしおってもんで、そのセトリが90年代パーティだったら尚更。

しましまのバンビに始まり、Junior Sweetにミルク、タイムマシーン、最後にやさしい気持ちからのSwallowtail Butterfly、そしてENにはなんであたし抱きしめたいんだろう?と爆発。
タイムマシーンはCharaで一番好きな曲だし、あいのうたでは普通に泣いた。てか、そりゃ泣くだろ普通。

あのCharaを、このセトリで、野外で観ることが出来て本当に良かった。最高の演出すぎて森道には感謝の気持ちしかない。
歳をとって声が出なくなってもCharaは永遠のポップアイコンであることは変わらないし、音楽に、すべての人たちに、溢れ出る愛しか感じないステージを観ることができて幸福でした!

こういう時、音楽を好きな人生を歩んできてよかったと心から思う。
音楽とは生き様だな。