読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

気ままな生活

映画、音楽、読書、美術、旅行、食などの生活。

人は、分かり合えるんでしょう?

戯言

環境の変化ーーー...結婚しても子どもができても、やっぱり「他人と分かり合う」ことの楽しさ、歓び、尊さ、かけがけのなさ、、これは一生変わらないんだなと思う。

いやむしろ、自分が親となることで他人の人生観について色々引き出せたり学んだりすることが多いので、より楽しくなったのかな。

 

人生の価値観、哲学。これがしっかりできている人の話はやっぱり面白い。

そしてその価値観がもしも自分と近ければより...「他人と分かり合う」歓びは大きくなる。

人生の楽しみの質は比べられないが、この尊さは、生涯をかけるに充分に値するものだと思う。

生き延びる強い理由のひとつだ。

 

いつも会う人でも、たまにしか飲まない人でも、年一で会うか会わないかの人でも...向かい合って話せば何かが、共通点が見えてくる。

目の前の人と何かが結びついた瞬間。後から振り返ると、どれだけ豊かな時間を過ごしたのだろうと微笑むことがある。

例え長い人生においてちっぽけな、数時間の会合にしても、忘れられない楽しさを生涯において思い出すことはありえる。

それはライブと同じだ。

限りのある、しかし余りある時間の中から僅かばかりの砂金をすくうような...その刹那の共感をお互い覚えたいがために、人は酒を飲んで、裸の自分を曝け出すんだろう。

 

人はどんな他人とでも分かり合える可能性に満ち溢れている。

出会うどんな他人にも、共通点がない人はいない。

その共感が持続すれば、友達や恋人や夫婦になるんだろう。

どんな他人とでも分かり合えることが人間の幸福でもあり、不幸な点でもある。

不幸なのは、共感は持続しないこと。

 

森達也の「A2」というドキュメンタリー映画を観る。

スクリーンの中では、オウム信者と地域住民との奇妙なふれあいが描かれている。

家の柵越しに冗談まじりに笑い合う信者と住民。人間の共感は、物理的な境界線も信仰的な境界線も軽く超える。

 

しかしその分かり合えた瞬間は持続しない。人としての芯が違いすぎるからだ。

人は他人を変えることはできない。変えられるのは自分だけ。だから、より親しい考え方を持つ他人を好む。

信者の芯は、自身が変わろうとしない限り永遠に「信者であること」なのだ。

仮にテロリストと分かり合っても彼らは自爆テロを起こすだろう。

大きく何かを変えられるわけでもないのに分かり合いを求め、ある程度まではそれが成し得られてしまう辺りに人間の不幸があるんじゃないだろうか。

 

それでも人間は他人と分かり合いたいと思うんだろう。

少なくとも僕は身近な人達と分かり合いたい。共感が持続するのは奇跡なことだと思うし、その繋がりを大事にしていきたい。大事にしてあげてほしい。

僅かばかりの砂金でもいいから、すくい上げられるような人生でありたいよ。みんなが望むこと。